iDeCo 始めて2年経過した現在の運用状況。

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家で、まったくフツーの会社員の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

前回、『投資を始めて2年経過。2年目の確定収益額』という記事を投稿しました↓

ワタシは『ほったらかしインデックス投資家』なので、短期間でのトレード収益にはあまりこだわっていませんが、、それでもやはり収益には変わりないので、嬉しいのは嬉しいです♪♪(^^)

投資による収益には、

・配当金(インカムゲイン)

・譲渡益(キャピタルゲイン)

がありますが、投資2年目のワタシの収益は配当金オンリーでした。

なぜかと言えば…

「個別株とFXはほぼ塩漬け状態…」

「IPOはまったく当選せず…」

という状況でしたので…😅

ただ、ワタシの場合、短期トレードで収益を得ることや、配当金目当てで投資を始めたわけではありません。

インデックスファンドを利用した長期間での資産形成が当初の運用目的ですので、一般的な個別株トレーダーや、FXトレーダーの方々とは投資感覚が異なります。。

でもまぁ、利益が確定して実際に口座に配当金が振り込まれたのを見てしまうと、やっぱりそれはそれで嬉しいんですけどね…😅

iDeCoって何がいいの?

【iDeCo】を始める人の目的は、もちろん長期間での資産形成ですよね。

iDeCoの掛け金は、毎月自分の銀行口座から自動的に引き落とされて、積み立てられます。

つまり「給与天引きによる積み立て貯金」と同じ効果が得られるわけです。

長期間での資産形成を考える上で、これは大きな効果がありますよね。

これに加えてiDeCoの掛け金は、全額所得控除されるので、節税効果もあります。

詳しくはコチラ↓

iDeCoとは?お得に資産形成できるiDeCoについて解説します。

iDeCo2年目、どんな様子?

iDeCoで運用できる金融商品には、「定期貯金」や「投資信託」があります。

投資信託(ファンド)には…

株式、

債権、

REIT(不動産)、

コモディティ(原油、金、トウモロコシなどの特定商品)、

またはこれらを組み合わせた「バランス型ファンド」もあります。

ワタシは当初「バランス型ファンド」での運用を考えていました。

しかし本やネットで自分なりにいろいろ調べた結果、「先進国株式型」が期待できそうだったので、それで運用を開始する事にしました。

資産運用と言うと、それまで郵便局の定額貯金くらいしか経験が無かったワタシにとって、「株式」、それも「海外株式」という事で、投資信託とは言え、かなりの大冒険でしたけどね…😅

現在の状況です↓

毎月12,000円(ワタシの上限額)で、コツコツ積み立てております。

上の画像では「損益 6,200円」となっていますが、以前世界株安になった頃チェックしたら、マイナスになってた事もありました…。

iDeCoに限らず、インデックス投資で長期間資産運用する上で「含み損益」で一喜一憂していても、しょーがないんですよね。

「価格は上がったり下ったりを繰り返しながら、上がって行くだろう」と期待するだけです。

チャーリー・万賀
ちなみに60歳までと言うと、あと何年積み立てるの?
右緒蓮芭
17年くらいでーす