SBI証券のiDeCoに低コストなシリーズが登場。

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです

SBI証券のiDeCoに、2018年11月から「セレクトプラン」というものが登場します。

現在の商品群を「オリジナルプラン」とした上で、新たに「セレクトプラン」を追加するということなのですが、この「セレクトプラン」のラインナップが、結構良い感じなのでご紹介します。

低コスト

ワタシも現在SBI証券のiDeCoで積み立て中です。

数ある金融商品の中から、ワタシが選択したのは「DCニッセイ外国株式インデックスファンド」です。

先進国株式に投資するインデックスファンドで、信託報酬は税込で年率0.2%程度です。

この商品もコストは低い方だとは思いますが、11月から登場の「セレクトプラン」では更に信託報酬の安い商品が販売されます。

その中で、上記「DCニッセイ外国株式インデックス~」と競合する商品として「eMAXIS slim先進国ファンド」(三菱UFJ国際投信)があります。

両者ともにベンチマークは「MSCIコクサイ・インデックス」ですが、信託報酬は「eMAXIS slim先進国~」が年率で0.11772%と、「DCニッセイ外国~」よりもかなりお安くなっています。

その他「セレクトプラン」の中から、ワタシが注目する商品を以下にご紹介します。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

上記「eMAXIS slim先進国株式~」とまったく同じ信託報酬額です。年率0.11772%です。

現在ワタシがSBIのiDeCoで運用中の「DCニッセイ外国株式~」と中身は一緒なんでしょうけど、コストを比較するとこちらが断然お得です…。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

米国株式インデックス「S&P500」連動型のファンドです。信託報酬は0.1728%以内となっています。

今回登場する「セレクトプラン」のラインナップの中に「iFree NYダウ・インデックス」(信託報酬0.243%)の名前もありますが、“コスト”と“分散投資”の二つの観点から、ワタシならこっちかなぁ…という感じです。

それでも『SPDR S&P500 ETF』(信託報酬0.0945%)と比べた場合、信託報酬は高めです。

しょうがないでしょうけど…。

ただし…

現在SBI証券でiDeCoを利用中の人が「セレクトプラン」に乗り換えるには、

「運用中プランの資産を全売却して現金化してから…」という条件付きです。

10月発生の世界株安直後の今だと、ワタシの場合損失確定してしまいます…😅

「セレクトプラン」移管はもう少し回復してからかなぁ…。

ベンちゃん先生
全世界株式型のファンドも2つ出るみたいね。信託報酬も0.15%くらいとか。
右緒蓮芭
そうですね。新興国への投資も考えている方にはいいかもしれませんね。




にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする