コロナショック後、ETF 1557配当出ました。どのくらい?過去の配当金額と比較。

ETF
右緒蓮芭
右緒蓮芭

こんにちは♪

右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

 

6月も中旬に差し掛かろうとしております。

会社員には嬉しいボーナス月、そして投資家にとっても嬉しい株の配当の時期ですねー。

ただ、今年はコロナ禍による業績低迷で、多くの銘柄が「減配」「中間配当無し」となってしまっているようです…。

近年まれに見る大騒動でしたので、しょうが無いとは思いますが…。

ワタシのところにも先日、国内版のS&P500 ETF、1557の「配当金支払いのお知らせメール」が届きました。

 

すーちゃん
すーちゃん

で、やっぱり減配?

ベンちゃん先生
ベンちゃん先生

まさかの無配?

 

果たして結果は??

 

スポンサーリンク

1557、配当金額の推移。

2020年6月。暴落から3ヶ月以上経過。

ワタシの1557への投資金額は、コチラ↓

運用状況 コロナショック2ヶ月
世界中が「新型コロナウィルス」の影響で惨憺たる状況となっていますが、ワタシはこの間もめげずに米国ETFを中心に少しずつ買い増しを続けました。およそ2ヶ月振りに運用状況をチェックしてみます。

2018年に特定口座で、2019年にNISA口座で、それぞれ買い付けました。

 

で、今回の配当金受取り結果はコチラです↓

カブドットコム証券改め、auカブコム証券のスマホ画面です。

上段がNISA口座、下段が特定口座のそれぞれの配当金額です。

トータルで、7,659円でした♪

 

チャーリー・万賀
チャーリー・万賀

オー、無配ではなかったね〜!

右緒蓮芭
右緒蓮芭

結果としては「減配」ですけどね…。

 

ちなみに、一口あたりの配当は、約133円でした↓

 

「リーマンショック超え」、「バブル崩壊依頼のダメージ」あるいは「世界恐慌の再来」などなど、色々な形容がなされたコロナショックです。

そんな状況ですので、減配とは言え、もらえるだけでもホントに感謝であります。男泣

2020年3月。コロナショック直後。

同じくauカブコム証券のスマホ画面です。

上段のNISA口座、下段の特定口座のトータルで8,750円です。

今回、6月分よりも1,000円以上多いです。

コロナショック直後なので、配当金額への暴落の影響がまだ無いんでしょうね。

2019年12月。コロナ前の平和な頃。

上段のNISA口座、下段の特定口座のトータルで、7,723円です。

今回6月分と比較してプラス64円。

あれ?ほぼ一緒ですねー…。

2019年9月。

上段のNISA口座、下段の特定口座のトータルで、7,872円です

今回6月分と比較して、プラス213円です。

この時も、そんなに大きな差はありません。

ちょっと意外…。

2019年6月。ちょうど一年前。

最後に、ちょうど一年前の配当金額です。

上段のNISA口座、下段の特定口座のトータルで、6,972円です。

この年の1月に、NISAフル活用で買い付けました。

1557への投資額としては、現在とほぼ同額なのですが、今回より687円マイナスでした。

 

まとめ

というわけで、過去1年間の1557の配当金額を振り返ってみました。

そんなに大幅ダウンというわけでもありませんでしたね。

もちろん、次回以降は分かりませんが…。汗

ちなみにこの期間の1557のチャートはコチラ↓

(※Yahooファイナンス)

2月下旬、コロナショックで垂直落下式ブレーンバスターみたいになってますが、それ以降は順調に回復を続け、現在は半値戻し以上となりました。

 

すーちゃん
すーちゃん

米国ETFの配当はどうなの?

右緒蓮芭
右緒蓮芭

7月に出ると思います。出れば、ですけどね…。

 

ではまた♪

 

みー
みー

ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします!


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました