1557(SPDR S&P 500 ETF)配当、カブドットコムNISAで国内税非課税を確認しました。

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

カレンダーも7月に差し掛かろうとしております。。

今年もまた、夏が来ましたね〜♪

今月は、ワタシのようなフツーの会社員にとっては、半年に一度のお楽しみ✨嬉しい「ボーナス月」です🎶💰

喜びのあまり財布の紐が緩み過ぎないように、気を付けたいところではありますが…😅

また6月といえば、投資家の人々にとっては「株式配当通知」が届く頃でもありますよね。

ワタシのところにも、配当通知が郵送されて来ました。

コチラでーす↓

はい、今回の記事のタイトル、、

「SPDR S&P 500 ETF」(1557)であります。

話はさかのぼりますが、昨年(2018年)、ワタシは所有する「債券型のインデックスファンド」を全部売却して、カブドットコム証券の特定口座にて「SPDR S&P 500 ETF」(以下1557)を購入した経緯があります。

『SPDR S&P500 ETF』インデックスファンド運用レポートです。

ちなみにこの時は課税口座でした。

カブドットコム証券の口座は、IPO用に開設したのですが、同証券には「フリーETF」というサービスがあり、指定されたETFの売買手数料が無料になります。

昨年秋頃、「2019年のNISAは何を買おうかなー…」なんて考えていた頃、ネットにて、

『1557は証券会社により、NISA口座で買付けても、配当金は課税されたり非課税になったりと、取り扱いが異なる…』

という旨の情報をキャッチしました。

1557「SPDR S&P500 ETF」は、証券会社によってはNISA枠で購入した場合であっても、配当金に課税される場合があるとのこと…。NISAで購入しているのに何故??意味無いじゃん…と、思ってしまいました。

外国税に関しては、まぁしょうがないとは思いますが、、NISA口座で買付けているのに国内税まで取られてしまうとは…??

「え…??NISAなんだよね??課税とかありえないでしょ…?」

と、ごくごくフツーに考えたワタシでしたが、大切なお金を預ける訳なので、ここは念には念を入れ😅ネットでの情報通り、確実に『1557配当非課税』となり、また独自のサービス『フリーETF』で買付け手数料も無料となる、カブドットコム証券をチョイスしたのでありました。

そして、コチラが実際に振り込まれた配当の状況です↓

チャーリー・万賀
oh~、国内税は見事に非課税だったね~。 
右緒蓮芭
そうですね〜、、調べた甲斐がありました~♪