【インデックスファンド】運用レポート『SPDR S&P500 ETF』

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家で、

まったくフツーの会社員の

右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

今回は、

【インデックスファンド】運用レポート『SPDR S&P500 ETF』です。

前回、ワタシが

「債券型ファンド」を売却して、

「株式型ファンド」を購入した件についての記事を投稿しました。

→ インデックスファンドを売却した結果…。決済レポートです。

今回の「SPDR S&P500 ETF」は、その時購入した株式型ファンドです。

この商品は通常のインデックスファンドとは異なる、

上場投資信託(ETF)です。

ETFに関しては以前、

「ワタシはこれでNISA始めました」③【インデックスファンド】運用レポート『MAXIS トピックス 上場投信』

の記事に書きました。こちらもご覧下さい。

「債券型ファンド」を売却して当ファンドを購入したのは、今年2018年1月の話です。

この時【NISA口座】の枠は既に使いきっていたので、特定口座で購入することになりました。

ちなみにワタシは投資に関しては、【NISA】も【iDeCo】も、

『SBI証券』で運用していますが、このファンドだけは例外で、

『カブドットコム』にて運用しています。

その理由としては、「SPDR S&P500 ETF」は、カブドットコムの

“フリーETF ”というサービスの指定商品で、

売買手数料が無料」だったからです。

このサイトで何回か記事にしたと思うんですが、

「世界同時株安」直前に購入した商品というのは、この「SPDR S&P500 ETF」のことだったんです…😅

そんなわけで、ただでさえ「ほったらかし運用」のワタシですが、当ファンドに関しては、購入早々諦めモードとなり、運用状況をチェックすることもほとんどなく、数ヶ月が経過しました…。

最近ではほとんど記憶の外にあったこの商品ですが、5月末日、1通の郵便が届いたことでその存在を思い出すこととなりました。

その郵便の中味はこちら。

分配金のお知らせです。

「2,364円(税引き後)」の収益でした😃♪

同じくETF商品である「MAXISトピックス」の記事でも書きましたが、分配金に関しては好みの別れるところなのかも知れません。

とは言え、当ファンドに関しては初の嬉しい出来事でしたので😅、ひさびさに運用状況をチェックしてみました。

5月末日現在、「マイナス31,460円」となっていました…。

どんな時もあります…😅。

当ファンドの購入に至った経緯としては、昨年2017年にワタシが購入した、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の伸びがずっと好調だったので、同じく《先進国株式クラス》である当ファンドについても、

「期待できそう」と思ったのが購入した理由の1つです。

もう1つの購入理由は、ネットで投資関連サイトを見ていた時に、ワタシの尊敬する投資家である、ウォーレン・バフェット氏の名前と共に「S&P500」の文字が掲載されていたことでした。

S&P500(エス アンド ピー ファイブハンドレッド、Standard & Poor’s 500 Stock Index)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数。ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数である。 (Wikipediaより抜粋)

日本の「東証株価指数(TOPIX)」と同じようなものですよね。

「SPDR S&P500 ETF」の直近1年間のチャートです。

春以降だいぶ回復してきました♪

信託報酬は、2018年5月現在

0.0945%(税別)となっています。

浮き沈みはありますが、【iDeCo】の「DCニッセイ外国株式~」ともども、長い付き合いとなりそうです😃♪





にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


金融・投資ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする