国内

IPO

【IPOまた当選!】ココナラ(4176)

もしかすると、日頃のトイレ掃除が金運を呼び込んだのやも知れません。昨年の12月からIPOの当選が続き、今年2回目の当選となりました〜♪
IPO

祝♪【IPO連続当選!】アクシージア(4936)結果は?

ほんの2ヶ月前、IPO抽選で久々に当選したとの記事を投稿しました。そしてまたまた今回、大和証券(様々✨)より、当選通知をいただきました〜♪
個別株

【個別株】に投資する方法。小型株?割安株?分散?集中?

インデックス投資家のワタシではありますが、たまに個別株投資にもチャレンジしてみる事があります。個別株投資に関しては、本やネットで様々な方法が紹介されています。今回は、最近ワタシが気になっている方法を、いくつかご紹介します。
NISA

2021年NISA、これに投資!

米国高配当ETFや、GAFAM割合高めのQQQも、確かに魅力的ではあるのですが、一時的だったとは言え、暴落を経験しての、「とりあえず無難確保路線」で行ってみようかなと思っている次第です。
ETF

【厳選】ETFで国内株に投資するならどれを選ぶ?

自分のポートフォリオを地域別で見返したら、「米国」の比率が、かなり大きくなっていました。最近、ウォーレン・バフェット氏が日本株を買い付けたという事もあり、もう一度「国内株式」にも目を向けて見ようかなーと、思い立ちました。
IPO

【IPO当選】の確率を上げる5つの方法。

6月以降のIPOでは、今のところ全ての案件で初値が公募価格を上回っています。当選確率を上げる方法は??
インデックスファンド

《国内株式インデックスファンド》

前回の記事で、日本国内株式の指標(インデックス)には、よく知られているところで「TOPIX(東証株価指数)」、「日経225」などがあるとお伝えしました。日本の景気を探る上でも欠かせない2つの指標を比較してみました。
NISA

「ワタシはこれでNISA始めました」③ETF運用レポート『MAXIS トピックス 上場投信』

『MAXIS トピックス 上場投信』は、通常の投信とは異なる『上場投資信託』(ETF)という金融商品で、個別株と同じように株式市場に上場されています。売買手数料は発生しますが、通常の投信よりも『信託報酬』(管理手数料)は低めに設定されています。
IPO

IPOとは?【IPO】当選歴のあるワタシが解説します。

当サイトのタイトルにもある【IPO】について、毎回チャレンジを続け、何度か当選歴もあるワタシが解説します。
タイトルとURLをコピーしました