《国内株式インデックスファンド》

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

前回、インデックスファンドの概要についての記事を投稿しました。

「インデックスファンドで投資家デビューしよう♪」

今回は

《国内株式インデックスファンド》

について考えてみました。

前回の記事で、日本国内株式の指標(インデックス)には、よく知られているところで

・TOPIX(東証株価指数)

・日経225

などがあるとお伝えしました。

今回は、日本の景気を探る上でも欠かせないこの2つについて、もう少し見ていきたいと思います。

ベンちゃん先生
ハーイ♪右緒蓮芭くん、元気してる?
右緒蓮芭
お師匠!お久しぶりです♪

TOPIX

「TOPIX」は東証1部の全銘柄、約1,700の会社(銘柄)で構成されています。

基準日である1968年1月4日の東証1部上場全銘柄の時価総額の指数を

「100」として、その増減を示す指標です。

TOPIXの特徴としては、

・値動きが安定している。

・大企業などの大型株の影響を受けやすい。

などがあります。

TOPIXの推移(1968/01/04~2018/06/11)

日本取引所グループのチャートです。

開始以来ずっと右上がりだったチャートが、バブル期を境に大きく変化します。

最後に大きく落ち込んだのは、2007年の世界金融危機の時ですね。

現在はだいぶ回復しました。

ワタシが持っているETF、

『MAXISトピックス上場投資信託』も、こちらに連動しています。

その他「TOPIX」をベンチマーク(判断基準)にして、なおかつノーロード(売買手数料無料)の商品と、それぞれの信託報酬(税抜き)いくつかピックアップしてみました。

【インデックスファンド】

▪eMAXIS Slim 国内株式

→信託報酬 0.159%

▪<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

→信託報酬 0.159%

【ETF】

▪iシェアーズ TOPIX ETF

→信託報酬 0.06%

DIAM ETFトピックス

→信託報酬 0.078%

(2018年6月現在)

ベンちゃん先生
インデックスファンドの信託報酬は以前よりだいぶ安くなってるけど、ETFって更に低コストなんやね~。
右緒蓮芭
ですね~。

日経225

「日経225」(日経平均、日経平均株価)は、東証1部上場銘柄の36業種の中から、トヨタ、NTT、キャノンなど、日本を代表する225の銘柄で構成されています。

この225銘柄は、日本経済新聞社が選出したもので、定期的に入れ替えが行われています。

日経225の特徴としては、構成銘柄の内、株価の高い「値がさ株」の影響を受けやすいという点が挙げられます。

個別株式で投資を行うには、ある程度まとまったお金が必要となります。

「投資信託」は、株式投資と比較すると、かなり少ない資金から始めることができます。

以下は日経225連動型の商品です。

【インデックスファンド】

▪eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

→信託報酬 0.159%

▪<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド

→信託報酬 0.169%

【ETF】

SMAM日経225上場投信

→信託報酬 0.14%

DIAM ETF 日経225

→信託報酬 0.155%

(2018年6月現在)

右緒蓮芭
お師匠的には、TOPIX連動型と日経225連動型では、どちらがオススメですか?
ベンちゃん先生
う~ん、そうね~…、幅広く分散投資するという観点でTOPIX連動型かな~?
右緒蓮芭
なるほど!




にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする