『投資』と『投機』の違いって?…ギャンブルなの?

前回、ワタシが投資を始めるきっかけとなった、横山光昭さんの著書、

『はじめての人のための3000円投資生活』

について、ほんのちょっと触れました。

ワタシはこの本を読むまで、

『投資』

というワードに対してかなり懐疑的というか、警戒する気持ちがありました。

それは何故かと言えば、

『投資』と『投機』

の区別がついていなかったからに他なりません。

というわけで、今回はその辺を少し整理してみようと思います。

まずは『投資』についてです。

投資』 → 主に経済において、将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す。(Wikipedia)

ということなんですね。

例えば、ワタシは個別株でヤマダ電機に投資しています。

正直なところ株主優待が目当てです(笑)。

ワタシは投資することにより、ヤマダ電機の更なる発展に寄与しているわけです。

…ほんの少額ですが😅

そしてワタシを含めた投資家の人たちが投資した結果、ヤマダ電機が成長を遂げれば、

ワタシが保有しているヤマダ電機株は値上がりして(→キャピタルゲイン )、

配当金も増配となることでしょう(→インカムゲイン )。

ヤマダ電機にとっても、ワタシにとってもいいことづくめの好循環です♪

次に『投機』について見てみましょう。

投機』 →  短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。(中略)マネーゲームとも言われ、ギャンブルに含まれる場合がある (Wikipedia)

「ギャンブルに含まれる場合がある」

ということです。

…Wikipediaの文面をパッと読んだだけですが、前出の『投資』ほど健全ではないような気がします😅

ただ、ここで注意したいのは、

ギャンブル=悪

なのか?ってことです。

身を滅ぼす要素に満ち溢れているとは言え😅、

ギャンブル=悪なんだから、投機だって一緒なんだよ

と、一言で片付けてしまっても良いものなのか?

っていうことなんですね…。

ワタシは昔から、ギャンブルとはさっぱりご縁がありません(パチンコすら)。

だから尚さらなのか、経済評論家の山崎元さんがギャンブルについて

『教養娯楽費』

と表現していたのを読んだときに、

「なるほど~、そういうもんか…」

と、ちょっと感心(関心?)しちゃいました(笑)

ひとつ言えるのは、

「お酒はダメ!タバコもダメ!ギャンブルもダメ!

ダメ!ダメ!絶対ダメ!!」

みたいな社会では、つまらないよね…ってことです(ちなみにワタシはお酒は多少呑みますが、タバコはやめました♪)。

…とは言うものの、資産運用という観点からすれば、

『投機的手法』

は、やっぱり止めておいた方が良いと、かなり思っています(笑)

そんなわけで、当サイトのタイトルにも

FX

の二文字が、カッコ書きで含まれてはおりますが😅、

“教養娯楽費”

という視点も踏まえつつ、

「余裕資金の中のほんの一部で、決して無理のない範囲内でちょっとだけ勉強してみようかなぁ…」

と、思っています♪





にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする