1557「SPDR S&P500 ETF」配当金はNISAでも課税?

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

以前、来年のNISA枠でどんな金融商品を購入しようかな~?という記事を投稿しました。

2019年の【NISA】について考えてみました。

その中で「SPDR S&P500 ETF」(以下1557)について触れました。

同記事内でははっきりと書きませんでしたが、今のところ、

「ワタシが来年2019年のNISA枠で購入したい金融商品No.1」は1557です。

【インデックスファンド】運用レポート『SPDR S&P500 ETF』

ワタシとしては、1557と「MAXIS トピックス上場投信」(1348)を6:4~7:3くらいの割合で購入してみようかな~と、現時点では考えています。

ところで、最近大きな買い物をする機会になかなか恵まれないワタシですが、来年のNISAについて

「こっちにしようか、それともあっちにしようか」

などと商品選びであれこれ考えているのは、なかなか楽しい時間です😁

ショッピングって、実際に購入した後よりも、商品選びに費やす時間の方が、もしかしたら楽しいのかもしれませんよね。

さて、その1557ですが、現在ワタシはカブドットコム証券の特定口座にていくらか保有しています。

1557はカブドットコム証券で「フリーETF」に指定されていて、売買手数料が無料なんですね~。

ですが、最近まで知らなかった事もありました。

それは「NISA枠で購入した場合の配当」に関してです。

なんと、証券会社によっては、配当金に課税される場合があるとのことなんです。

「NISAで購入しているのに何故⁉意味無いじゃん…」

と、思ってしまいました。

ていうか、フツーそう思いますよね…😅

ただし、これはネットの情報で、実際に証券会社に問い合わせたわけでは無いので、真偽のほどは定かではありません…。

ワタシの場合、特定口座で購入したが故に、あんまり意識していなかったというか、まったくそんなこと考えてはいませんでした。

ワタシはただ単純に

「NISA=非課税」と考えていましたが、1557の場合、「外国ETF」ということで、配当金に関しては課税されちゃうらしいのです。

せっかくNISAで購入しているのに、これでは残念ですよね~。

外国税10%+国内税20.315%で、3割も差し引かれてしまっては…😵(外国税10%については確定申告すれば還付されるそうです。)

チャーリー・万賀
税金もコストの内だからね。よく考えないとね。
右緒蓮芭
そうなんですよね~。




にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする