2020年のNISAは海外ETFかなぁ…

NISA

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

 

12月に入りました。

今年も残すところ一月となりましたね〜。。

 

秋頃から、来年2020年のNISAをどう使おうかなー…と、ずっと考えていました。

 

昨年の今頃も同様でしたが、結局NISA口座を「SBI証券」から「カブドットコム証券」へ移管して、「SPDR S&P500 ETF(1557)」を購入しました↓

カブドットコム証券NISAにて『SPDR S&P500ETF(1557)』購入。
2019年は『ETF』(上場投資信託)だけでやってみようと思い立ちました。。カブドットコム証券には、ETFの売買手数料が無料の『フリーETF』というラインナップがあります。

 

↑この時点では、2020年以降のNISAも同様に「カブドットコム証券での「1557」買い」になるだろう…という予想でした。。

 

ですが、、

いろいろ考えた末に、2020年はいよいよ『海外ETF』に挑戦してみようと思い立ちました〜!

 

広告

なんで海外ETF?

今年のNISAで「1557」を購入する際、他にも「S&P500」に連動したETFはあるかなーと、いろいろ調べました。

 

その時気になったのが、「iシェアーズ・コアS&P500 ETF(IVV)」と、「バンガードS&P500ETF(VOO)」の2本の海外ETFでした。

 

ワタシが購入した「SPDR S&P500 ETF」も、本家は米国ETF「SPY」で、上記の「IVV」、「VOO」と共に、S&P500連動ETFとして超メジャーな商品です。

 

ちなみに信託報酬は、「1557」が0.09%の所、「IVV」も「VOO」もそれ以下の経費率でした。

当時のハッキリとした数字は忘れてしまいましたが、両者とも0.05%前後だったように思います(「SPY」は「1557」同様0.09%)。。

 

結局国内上場の「1557」を選んだのは、やはり海外ETFの敷居が高かったからだと思います。。

 

でも、やっぱり海外ETFって、上記の2本以外にも、魅力的な商品が結構いっぱいあるんですよね〜。

 

2020年NISA候補は?

上記のS&P500連動型ETF以外で気になっている商品が、今のところ2つあります。

1つ目は「SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF(SPYD)」です。

「SPYD」は、その名の通り「高配当ETF」です。

S&P500の中から、配当利回り上位80銘柄で構成されているETFです。

 

2015年に設定された、まだ新しいETFですが、信託報酬0.07%、配当利回り4.60%と魅力的です。

 

2つ目は、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」です。

 

「VT」は、これ1本で全世界に投資できるETFです。

と言っても、中身の半分は米国株式なんですが。。

(TradingView)

↑2009年からのチャートです。

ローソク足が「S&P500」、水色が「VT」、オレンジが「SPYD」です。

 

いずれにせよ、現在ワタシがNISA口座を開設中のカブドットコム証券では「海外ETF 」を取り扱っていないので、また金融機関変更しないとなんですよね~…。

 

来年まで、もう少ーし考えてみようと思いま~す♪

 

ベンちゃん先生
右緒蓮芭クンの家はもう門松飾った?
右緒蓮芭
まだ早いっす!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


金融・投資ランキング

タイトルとURLをコピーしました