どうなるNISA?「つみたてNISA」と一本化??取扱い期間も延長??

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

「NISA、つみたてNISA一本化か」、「NISA2023年以降も継続」といった情報が、ここ最近ニュースやネットで飛び交っています。。

果たして今後の行方は?

「NISA」、「つみたてNISA」違いは??

「NISA」と「つみたてNISA」の違いに関しては、当サイトでも初期の頃記事にした事があります↓↓

NISAとは?NISAのメリット、注意点、口座を開設する上でのポイントについて解説します

…何せNISAについては、サイトタイトルにも冠しており、このブログのテーマの1つでもありますので。。

ついでなので、両者の違いをここでもう一度簡単におさらいしますと…

非課税期間

・NISA 5年間

・つみたてNISA 20年間

限度額

・NISA 年間120万円(最大600万円)

・つみたてNISA 年間40万円(最大800万円)

対象となる投資商品

・NISA 個別株式、ETF(上場投資信託)、投資信託

・つみたてNISA 金融庁指定のETF、投資信託

新規取り扱い

・NISA 2023年まで

・つみたてNISA 2037年まで

と、ざっとこんな感じです。

ちなみに口座開設数は、2019年6月末時点で

・NISA 約1162万件

・つみたてNISA 約147万件

との事でした。。

一本化は?、取扱い期間延長するの?

11/27の読売新聞では、1面に

【2つのNISA将来統合】の記事がありましたが、他のネットニュースにはその後一転して、

・一本化は見送り

・一般NISAは新制度に移行した上で、2024年以降も存続

と掲載されていました。

一般NISAについては、「資産形成」と言うより「短期トレード」的な利用も実際多いようですね…。

前述↑のように「一般NISA」、「つみたてNISA」の口座開設数を比較すると、圧倒的に一般NISAの方が多いのも、恐らくそう言った理由からだと思います。

「インデックスファンドよりも個別株」

「資産形成よりも短期トレード」

みたいな。。

今回の「NISA見直し」では、きっとその辺がポイントになるのでは?と思います。

これからの世の中、「短期トレード」よりも「資産形成」と銘打った方が、お金も集まりやすいのでは…?

ブログ執筆中の現段階ではまだ未定ですが、12月中には与党税制改正大綱に明記できるよう、政府与党間で協議が続くようです。。

一体どうなるんでしょうかねぇ…?

前回記事にした「東証再編」↓も併せて、投資家にとっては12月の経済ニュース、注目ですね〜。

TOPIX(東証株価指数)は、1969年以来、半世紀に渡り使用されてきた国内を代表する株価指数です。国内株式クラスに投資しているインデックス投資家であれば、かなり気になるニュースです。

投資家志望、すーちゃん
「ジュニアNISA」ってのもあったわよね?
右緒蓮芭
ジュニアNISAは今のところ、予定通り2023年で終了みたいですよ。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


金融・投資ランキング