2024年以降、変更します。新しいNISAとは?

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

2024年以降のNISAの新しいカタチが見えて来ました。

今度のNISAは二階建て

2024年以降のNISAは、「積み立て枠」と「成長枠」の二階建て方式となるようです。

「積み立て枠」…比較的リスクが低い投資信託などへの投資に限る。最大20万円。

「成長枠」…株式などに投資可能。最大102万円。ただし上記「積み立て枠」を利用する事が前提。

・非課税期間…5年間

・非課税限度額…610万円

という様に、現行NISAから制度が変更されます。

現行NISAについては、過去にブログで何度か記事にしました↓

「NISAって何?」【NISA口座】で資産運用中のワタシが解説します。
NISAとは?NISAのメリット、注意点、口座を開設する上でのポイントについて解説します

現行NISAをもう一度簡単に振り返ると、、

一般NISA

対象商品 →個別株、ETF、投資信託など

非課税期間→5年間

限度額  →年間120万円、5年間で最大600万円

つみたてNISA

対象商品 →金融庁指定の投資信託など

非課税期間→20年間

限度額  →年間40万円、20年間で最大800万円

↑ざっくりこんな感じです。

ちなみに「新型NISA」施行後も、「つみたてNISA」は継続され、更に2037年迄とされていた期限も、5年間延長されるようです。

二階建てでどうなる?

現行の一般NISAは、個別株も利用可能な事から、短期トレードでも結構使われていたようですね。。

これが新型NISAでは上記の通り、「積み立て枠」と「成長枠」の二階建方て式となります。

今までの様に、個別株の利用も「成長枠」にて可能なんですが、それには「積み立て枠」を使う事が前提となります。。

つまり2024年以降NISAを利用するには、否が応でも「資産の積み立て運用」をしなくてはならない訳ですね。。

現行NISAみたいに、「短期トレードだけ利用したーい」という使い方は、2024年以降は出来なくなります。

まぁ「長期の資産形成」という観点から考えれば、それでいーんじゃない??って思います。。

が、、

5年間という非課税期間は、現行からの変更は無いようです。

資産形成するには、期間短めな気が、かなーり致します…。

それともう一つ、現行の一般NISAの利用者の大半は、高齢者と言われています。

ワタシの、誠に勝手な想像ですが、年齢が上がるにつれ、NISAでの「個別株」利用割合も高くなるのでは?と思っております。。

そして、これまでNISAを利用していた高齢の投資家の方々も、2024年以降NISAをするには、「積み立て枠」の利用がもちろん前提となります。。

そうなると、高齢者が「資産の積み立て運用」なんてするのかなー…って疑問も浮かんで来ます。。

ベンちゃん先生
人生100年、いつまでもチャレンジャーよ!!
右緒蓮芭
なるほど!さすがお師匠!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


金融・投資ランキング