2019年の【NISA】について考えてみました。

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家の右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

以前【2018上半期】のワタシの投資運用状況についての記事を投稿しました。

【2018上半期】投資を振り返ってみました。 NISA iDeCo IPO FX

というわけで、2018年も既に9月です。

月日が経つのって、ホントにあっという間ですよね。

世間では再来年の『2020年東京オリンピック パラリンピック』に向けた動きが活発になっています。

東京オリンピック、パラリンピックの開催期間は2020年7月の下旬~8月のお盆頃迄だそうです。

しかし、ホントにそんな暑い時期に開催するんですかね~…😅

室内競技ならまだしも、屋外競技になると選手も観客もかなり大変だと思うのですが…。

夏の甲子園とも重なってしまうし…。

さて2020年も気になりますが、その前にワタシとしては、とりあえず来年2019年の【NISA】をどうしようかな~と、考えています。

来年2019年には、もう平成も終わってしまうんですね…。

昭和から平成に移った時、ワタシは中学生でした。

あれから30年…。

長かったような短かったような…。

今度はどんな時代が来るんでしょうね…。

道はずっと続きます。

さて本題に戻ります。

今年2018年のNISAは、年明け早々待ってましたとばかりに、

《国内株式》

《先進国株式》

《新興国株式》

の3クラスに振り分けました。

そしてその直後、

「世界同時株安」に見舞われたことは、これまで何度も記事にしました。

上の3クラスの商品選択、配分比率は初心者なりに一生懸命考えてみたんですが、購入直後の株価急落なんて、これっぽっちも考えていませんでした…😅

購入以降、長いこと低迷が続いたファンドたちですが、ここに来てようやく回復の兆しが見え始めました。

と言っても、マイナスからプラスに脱却できたのは、上の3クラスの中で今のところ《先進国株式》だけなのですが…。

2018年NISA枠買い付けのインデックスファンドと同時期に購入した

SPDR S&P500 ETF」の現在の様子です。

2018/09/13現在。

半年以上の低迷期を経て、ようやく含み益が出るまでになりました。

配当金もこれまでに2回、もらっています。

…少額ですが。

当ファンドに関してはキャピタルゲイン目的で、配当金はあくまで補助的なものと捉えていますが、それにしてももう少し欲しい気も…😅

一方、《国内株式》《新興国株式》に関しては、依然として厳しい状況が続いています…。

投資家志望、すーちゃん
で、結局2019年のNISAはどうするの?
右緒蓮芭
はい、とりあえず《国内株式》《先進国株式》のインデックス運用を考えています。




にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする