IPO(新規公開株)投資 近況報告

こんにちは✨😃❗

当サイトの管理人で投資家で、まったくフツーの会社員の、

右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

最近、あまり投資と関係ない記事ばかり投稿していたような感じでしたが、今回はひさびさに『IPO』についてです。

IPO とは?IPO当選歴のあるワタシが解説します。

「投資」とは言うものの、IPO(新規公開株)は、抽選によって新規公開株を購入する権利を手にしないことには、どうにもなりません。

抽選に当たらなければ、いくら資金が豊富にあったとしても、「IPO投資」に参加することができないんですね~…。

その為、IPO投資に挑戦しようという人は、複数の証券会社から申し込む人も結構いると思います。

何を隠そう、不肖ワタシもその一人で、「ほとんどIPO用」にいくつかの証券会社で口座を開設しました。

ちなみに全部ネット証券です。

ワタシはケッコウな田舎の方で暮らしているので、店舗型の証券会社がある都市部まで行くのは正直かなりの手間です。

なので「IPO」をはじめ、「NISA」も「iDeCo」も「個別株」も全て、スマホかタブレットを使ってのネット証券での取り引きです。

インターネットが発達した今の時代においては、まったくフツーですよね。

田舎に住んでいるワタシにとって、実に便利でありがたいことです。

余談ですが、ワタシがまだ20代の頃、株が好きな職場の上司がいまして、仕事の合間たまに株取り引きで証券会社へ電話していました。

当時もインターネットはありましたが、アクセス手段はパソコンで、スマホなんか無かった時代でした。

携帯電話もありましたが、もちろん全部ガラケーです。

今でもたまに思い出すことがありますが、懐かしい光景です。

さてさて、肝心のIPOの近況です。

ワタシは今から2年前の2017年、「NISA」や「iDeCo」を始めたのとほぼ同時期に「IPO」を始めました。

結果から言いますと、IPOを始めた2017年に2回ほど当選した後は1回も当選していませ~ん😢

ワタシが投資生活を始めて1年が経過しました。これまでに確定した収益額について振り返ってみました。

先程も書いた通り、いくつかの証券会社から申し込んではいるんですけどね~…。

補欠当選は何回かありましたが、残念ながらホントの当選には至りませんでした…。

もちろん、すべての案件を片っ端から抽選申し込んでいるというわけでは無く、ネット上の予想で初値が下がりそうな案件には、ビビってしまい申し込んでいません。

例えば、昨年末頃の『ソフトバンク』がそうでしたが、結果的に初値は一株あたりが公募価格よりも

「マイナス37円」でした。

ネット上の予想も芳しくなかったので、抽選申し込みしませんでした。

ただし逆のパターンもあります。

過去にワタシはあるIPO案件で当選したにもかかわらず、ネット上の低評価な予想がどうしても気になってしまい、購入を辞退した経験がありました。

…だったら最初から申し込むなよということなんですが…😅

しかしこの案件は、ネット上の大方の予想に反して公募価格より初値は上がり、結局もうけ損ねてしまいました…😢

ベンちゃん先生
なるほど~、そんな事もあるんやね。

右緒蓮芭
何はともあれ、今後のクジ運上昇に期待したいところです…。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする