【資産公開】コロナショックから1年経過。‥バブルなの??

運用状況
右緒蓮芭
右緒蓮芭

こんにちは♪

右緒蓮芭 府越斗うおれんば ふえっとです。

すーちゃん
すーちゃん

今回は、2ヶ月毎の「資産公開」赤裸々ブログよ♥

 

概況

早いもので、コロナショックから1年が経過しました。まずはチャートで振り返ってみます。

今年ワタシがポートフォリオに追加したETF、「ダイワ上場投信-日経225(1320)」の、ここ2年のチャートです↓

(※Yahooファイナンス)

昨年3月半ばに大底に達して以降は、一転回復に転じ、5月にはほとんど暴落前の水準まで戻りました。

そして秋からは、更に大きく上昇を続けて、ついに日経平均は30年ぶりに「30,000円」に到達しました。

ベンちゃん先生
ベンちゃん先生

「2番底」は結局来んかったね。

チャーリー・万賀
チャーリー・万賀

それどころか、まさかのバブル状態??

 

まぁ、現在がバブルなのかどうかはわかりませんし、この先株価がどのように推移するかは、神のみぞ知るところです。

とりあえずワタシとしては、ETFの積み立てをメインに、これまで通り投資を続けていこうと思っています。

2021年NISA、これに投資!
米国高配当ETFや、GAFAM割合高めのQQQも、確かに魅力的ではあるのですが、一時的だったとは言え、暴落を経験しての、「とりあえず無難確保路線」で行ってみようかなと思っている次第です。

では、運用状況を見ていきみます。

 

円建て部分

NISA、特定口座

モーニングスターの資産管理画面です。複数の証券会社で取り引きしている場合、一括で状況確認できるので、おすすめです。

前回の「運用状況」記事で、含み益が初めて100万円を突破したと書きましたが、その後も継続して上昇しています。

リストの下2行、「ダイワ225」は日経平均連動のETFです。前述の通り、今年ポートフォリオに追加しました。

「キヤノン」は個別株です。こちらも最近ポートフォリオに追加しました。

個別銘柄の購入は「コプロホールディングス」以来で、およそ1年振りとなりました。

小型株「コプロホールディングス」(7059)購入。
気になっていた小型株を購入しました。ワタシの小型株投資の教科書に記載されていた「期待できる銘柄」の条件を、かなり満たしていました。。

「キヤノン」購入の経緯については、また近いうちに記事にしたいと思います。

iDeCo

損益率は前回の19.9%から上昇しました。

iDeCoは2017年に始めて以降、「先進国株式インデックスファンド」のみで毎月積み立てています。

投資額 評価額 評価損益
5,313,059円 6,856,676円 1,543,617円

 

ドル建て部分

今年ワタシは、海外ETFでは、S&P500連動の「IVV」と全世界株式の「VT」の2本へ投資していこうと考えています。

コロナショック以降、ずっと含み損を抱えっぱなしの、高配当ETF「SPYD」も大分回復してきました。

チャーリー・万賀
チャーリー・万賀

プラ転する日も近い??

投資額 評価額 評価損益
1,338,313円 1,494,002円 155,689円

(※日本円に換算)

 

トータル

というわけで、現在のリスク資産全体の運用状況はこうなりました↓

投資額 評価額 評価損益
6,651,372円 8,350,678円 1,699,306円

 

1年間の投資額と評価額の推移はこちら↓

 

運用状況の記事は、ちょうど一年前頃に始めました↓

運用状況
自称「ほったらかしインデックス投資家」ではありますが、たまには運用状況をチェックしてみたいと思います。。

証券会社のサイトでは、リアルタイムの状況しか見れないので、自分なりに記録を残しておくのも大事なのかなと思っています。

すーちゃん
すーちゃん

‥1年なんて、あっという間よね。

右緒蓮芭
右緒蓮芭

ホントですね。

ではまた♪

 

みー
みー

ブログランキング参加中です。応援クリックお願いしますニャ☆


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました