投資方法

IPO

IPO(新規公開株)投資 近況報告

ワタシは今から2年前の2017年、「NISA」や「iDeCo」を始めたのと同時期に「IPO」を始めました。結果から言いますと、IPOを始めた2017年に2回ほど当選した後は1回も当選していませ~ん…(泣)
NISA

NISA口座をカブドットコム証券へ移管してみた件。

カブドットコム証券を利用すると、「フリーETF」というものに指定されてる商品が、なんと!売買手数料が無料で取り引きできるんですね~。。お得です!
投資の始め方

「アセットアロケーション」と「ポートフォリオ」。違いは?

「投資の結果は、アセットアロケーションでほぼ決まる」とまで言われています。。更に、「売買のタイミングよりも、投資結果に影響を及ぼす」と言われる事さえあります。とかく「ポートフォリオ」と混同してしまいがちですが、それぞれ別物です。
NISA

2019年のNISA枠、どう使う?

ある程度まとまったお金をこれから投資しようとする場合、フツーの『投資信託』にすべきか、あるいは『ETF』にすべきか、はたまた『個別株式』か…? 年齢や投資スタイル、家族構成、職業の有無、人生観…等々、考え方は千差万別だとは思います。。
ワタシと投資生活

2019年も「日本」と「米国」メインで投資すべきか?

2019年の投資対象について考えてみました。。これまで通り、とりあえず「日本」と「米国」メインが無難なのか、、それとも、もっと幅広く分散した方が良いのか…?うーん…。
iDeCo

SBI証券のiDeCoに低コストなシリーズが登場。

SBI証券のiDeCoに、2018年11月から「セレクトプラン」というシリーズが登場します。低コストで結構良い感じなのでご紹介します。。
投資の始め方

投資の「リスク」と「リターン」を考える。

貯金と比べて投資はリスクがあります。。でもとりあえず投資の世界に飛び込んでみないことには、リターンを得ることができないというのも事実なんですよね。
インデックスファンド

《新興国株式インデックスファンド》代表的な2つのベンチマークを比較。

新興国株式クラスへインデックスファンドで投資する場合、代表的な2つのベンチマークがあります。それぞれの特徴について書いてみました。。
インデックスファンド

《先進国株式インデックスファンド》「eMAXIS Slim」運用状況も。

商品名に「外国」とか「先進国」とあるので、先進「諸国」の株式がバランス良く等分されているのかなと思っていました…。しかし、現在ワタシが運用中の2つの《先進国株式インデックスファンド》の中身を見てみると、6割以上が「米国株式」で占められています。
投資の始め方

「コスト」を見直す。コストは成果に直結します。

投資信託やETFで投資を行う場合は、コストは成果に直結しています。最強の投資家ウォーレン・バフェット氏が、「低コストのインデックスファンド」をオススメするのも、そういった理由からだと思います。
タイトルとURLをコピーしました