投資方法

インデックスファンド

《国内株式インデックスファンド》

前回の記事で、日本国内株式の指標(インデックス)には、よく知られているところで「TOPIX(東証株価指数)」、「日経225」などがあるとお伝えしました。日本の景気を探る上でも欠かせない2つの指標を比較してみました。
インデックスファンド

「インデックスファンド」で投資家デビューしよう♪

「はじめての人のための3000円投資生活」の中で著者の横山光昭さんは、“最強の投資家”といわれる、ウォーレン・バフェット氏の次の言葉を紹介しています→『非常に低コストなインデックスファンドに投資すれば、同時に投資を始めた90%の人よりも良い結果を得るだろう』
iDeCo

【iDeCo】運用状況レポート。画像あります。ご参考に…。

会社員が「iDeCo」始める時には、勤め先の会社へ申し出る必要があります。。ワタシも勤め先の給与担当部署である「総務部」というところへ申し出ました。ところが、その総務部では過去にiDeCoの手続きをしたことが、一度もなかったんです…汗
iDeCo

iDeCoとは?【iDeCo】で資産形成中のワタシが解説します。

今回は【iDeCo】について、同制度を利用して資産形成に取り組んでいるワタシが解説します。
IPO

IPOとは?【IPO】当選歴のあるワタシが解説します。

当サイトのタイトルにもある【IPO】について、毎回チャレンジを続け、何度か当選歴もあるワタシが解説します。
NISA

「ワタシはこれでNISA始めました」③ETF運用レポート『MAXIS トピックス 上場投信』

『MAXIS トピックス 上場投信』は、通常の投信とは異なる『上場投資信託』(ETF)という金融商品で、個別株と同じように株式市場に上場されています。売買手数料は発生しますが、通常の投信よりも『信託報酬』(管理手数料)は低めに設定されています。
NISA

「ワタシはこれでNISA始めました」②【インデックスファンド】運用レポート『SBI-EXE-i新興国株式ファンド』

「今後の発展には大いに期待できるが、一方で政治面、経済面などでの大きな変動の可能性も否定できない…」ハイリスクハイリターンと言われております。。
投資の始め方

『投資』と『投機』の違いって?…ギャンブルなの?

ワタシは以前、『投資』というワードに対してかなり懐疑的というか、警戒する気持ちがありました。。それは何故かと言えば、『投資』と『投機』の区別がついていなかったからに他なりません。
NISA

「ワタシはこれでNISA始めました」①【インデックスファンド】運用レポート『ニッセイ外国株式インデックスファンド』。資産(一部)公開。

この商品を購入して以降、インデックスファンドのめざましい躍進姿に「ウハウハ」だったワタシは、今年の1月にもNISA枠でインデックスファンドを買い足しました。その時、暴落なんてワードは、まったく頭にありませんでした。。しかし…
タイトルとURLをコピーしました